月夜の判然

適度に適当に長い文を置いておく場所です

タイムトラベラーズ 感想

 

☆どんなゲーム?

 

www.timetravelers.jp

 

イシイ ジロウ氏とレベルファイブの日野社長が組んで世に送り出したタイムトラベル超大作!なんかスゴそうだぞ…と思いつつも(実は氏の代表作の428を遊んだことがないもので…)当時は積みゲーにしておりました。発売から約10年経ち、今更遊んだわけですが…面白かったぜ!!

タイムトラベルをしながら立場や目的の違う5人の主人公のドラマを追いかけて、行き着く先は…東京を救う!?エンディングを見るまでのプレイ時間はそこまで長くないものの、連続ドラマや超大作映画を一気見したような満足感を得られる密度の濃い物語にハラハラドキドキしっぱなしでした。

 

 

☆遊んだ後のコメント<大きなネタバレはありません>

 

○当時の携帯ゲーム機でコレはスゴくね!?フルボイス・フルモーションで展開されるドラマ
公式サイトでも大々的に書いてあるけど、このゲームは全編フルボイス・フルモーションによる演出になっております。現代では割と当たり前になりつつある表現ですが、改めて考えると当時の携帯ゲーム機でコレはスゴいのでは…??私が遊んだのは3DS版なので映像がかなりきれい…って訳でもないんですが、キャラクターの動きや表情についてはそこまで違和感なく、物語への没入感を損なわずに夢中で遊べました。(もちろんちょっと気になるトコロはあったけど…)

 

 

○バッドエンドをぶっ飛ばせ!?タイムストップとタイムトラベル
5人の主人公たちはそれぞれの信条と目的に沿って動いているわけですが、時としてその物語が志半ばで中断する事も。そこで発動するのがタイムストップ。これが起こった時にタイムトラベルを行い、影響しているであろう他の主人公の物語を進めるとタイムストップが解除され先に進めるようになり…といった感じで物語を進めていきます。最初はチラッと出てくる他の物語の主人公に対して行動を変える…といったわかりやすい行動の変化をかけるだけでいいのですが、5人の物語が進むと、誰かのちょっとした行動が思わぬ変化のきっかけだったり…と複雑になっていくのがまた面白くてね…!!

 

 

○それぞれのパートのふわっとした感想
立場も目的も違う5人の主人公の物語。大きなネタバレ無しのふわっとしたコメントを…

□伏見 雛が主人公の【キャスター編】
夢である看板ニュース番組のキャスターになる為、スクープを探す主人公の雛。果たしてチャンスは掴めるのか…?
明るくもちょっとドジっぽい。でも前向きに進む雛の姿に元気をもらっているのは画面の向こうにいる我々だけではないようで…お仕事系ドラマを観ているような気持ちになっていたら、後半はトンでもねぇ事になっていたぞ!!

□深瀬 有理が主人公の【高校生編】
他人に明かす事のできない過去を持つ有理。彼にはどうしても果たしたい『約束』があった。彼の背負ったものとは?そして約束は果たされるのか!?
ちょっとぶっきらぼうにみえるけど、実はいいヤツなのである。でもクールなイケメンから飛び出す『粋なジョーク』を選ばずにはいられない…!高校生らしい、青春の学園ドラマを観ているような気持ちになっていたら、後半はトンでもねぇ事になっていたぞ!!

□神谷 壮馬が主人公の【刑事編】
誘拐された家族を助けるべく、孤独な戦いを強いられることになる神谷。果たして愛する家族を助けられるのか!前半のシリアスを一手に引き受けるがごとく、常にギリギリの選択を迫られる事件が起こりまくり。ここまでくると「ちょっとキツすぎるだろ…」と泣けてくるレベル。シリアスな刑事ドラマを観ているような気持ちになり、後半になればなるほど彼の幸せを願わずにはいられない…!

□新道 究悟が主人公の【詐欺師編】
天才物理学者が詐欺師ってなんじゃそりゃ!?いやいや理由があるんですよ…天才なのに綱渡りのように物語が進むので安心感が全くナシ。しかし5人の主人公の中でこの状況について一番知っているのは彼なのである…
他の主人公たちとは一風変わったノリで進む物語に面食らっている暇は…無いぞ!!あと登場時に流れる彼の雰囲気にピッタリな主題歌が強い。

□ルサンチ☆マンが主人公の【ルサンチ編】
無職のヒーロー、仕送り停止の危機!!おいおいコイツだけ場違いじゃねーの!?私も最初はそう思いましたよ、でもちゃんと意味があるんだよな…うん。
遊ぶ人によって一番感じ方が変わりそうなキャラだと思います。発売当時にこのゲームを遊んでいたら中盤まで彼のことを思いっきりディスっていた可能性があるのですが、彼の年齢に近い今の自分だと…こう…どことなく身につまされるモノをひしひしと感じずにはいられない…

 

 


○いろんな小ネタがあるぞ!!
TIPSの情報に小ネタが大量にある…いろいろ知っている人は大喜びかもしれません。いろいろ知らない私でも結構楽しかったし。できればバック・トゥ・ザ・フューチャーは観ておこう。それと、レベルファイブのゲームのファンがニヤリとする単語もちょっぴりあるぞ!!(本当にちょっぴりですよ!)

 

 


これはものすごく個人的な感想なんですが、発売された当時より、ちょっと大人になった(?)今になって遊んで良かったな〜と思ったりします。ゲームって当時買って積んでいても「遊びたい!!」と思った時が真の遊び時って事もあるんだな……

ファイアーエムブレム 覚醒 感想

 

世界観ガン無視の名前で挑むヤツ

初めてのFE本編であり、初めて最後まで遊びきったシミュレーションゲームになりました。面白かったぜ…!!
ちなみに、経緯としてはゴールデンウィークの連休の際、新しいジャンル(シミュレーション)のゲームがしたいと思った自分はツイッターのアンケート機能を使って遊ぶタイトルを決めた…というものです。その節はありがとうございました。


☆どんなゲーム?

 

www.nintendo.co.jp

 

今回は公式サイトに丸投げ!!こんなゲームでした!!スマブラとかでキャラが活躍しているから、割と最近のゲームかなぁ〜と思ったら…もう10年前のゲームだったというwwそうやね、3DSだもんね…でも楽しく遊べました。

 


☆遊んだ後に言いたいこと

 

脳筋ゲーム好きでも大丈夫!?難易度とモード選択
ゲーム好きなのに今までFEシリーズを遊ばなかった最大の理由は【HPが0になってやられたキャラが失われてしまう、手強いシミュレーション】という、ちょっと取っつきにくいイメージがあるからでした。だって私のゲームの遊び方は脳筋気味だし…しかし、FE覚醒では三段階の難易度選択と【HPが0になってやられたキャラが撤退扱いになり、以降の戦いにも参戦できる】カジュアルモードによって初心者でもかなり遊びやすかったです。まぁ…私にとっては難易度ノーマルでも終盤はけっこう難しかったけど…

ちなみにどれだけ脳筋気味かというと、本編1章につきだいたい一人は撤退させるといった具合です。戦術もへったくれもない…

 

○一人より二人!!デュアルシステム
FEはシミュレーションゲームなので、味方を動かして敵にぶつけ、基本的に一対一の戦いをして敵を倒していくらしいのですが、FE覚醒ではデュアルシステムというものがあります。
自軍のユニットを隣接して配置したり、二人一組の『ダブル』状態にすると起こるもので、戦闘時に2対1の状態に持ち込めます。これにより、戦闘時のステータスが上がったり、味方が追撃や防御をしてくれたり…と、なかなか便利。こちらのレベルが低くて敵と戦闘させるとマズい…と思ったら、強いキャラを移動させてダブル状態にして何とか切り抜けたり、デュアル状態で戦闘し味方がクリティカルを出して意外な形で敵を圧倒したり。ドラマチックな展開になって戦闘が面白く感じましたね…(戦術師としてはダメなのでは…??)

 

○え〜っ!?そういうトコあるん!?支援会話
デュアル等でユニット同士の絆が深まると、支援会話というユニット同士の会話を見ることができます。主人公やクロムが活躍する本編とはまた違ったいろんなキャラ同士の掛け合いが面白く、また戦闘面以外での人となりが見られるのも魅力的。最初は「自軍の人数が多くてキャラが把握できなくなりそう…」と心配していた自分も最後になると、みんなの顔と名前がだいたいわかる…ぐらいに愛着がわくようになりました。ボリュームがスゴすぎて全部は見れてないけど…
余談ですが、みんなの部屋メニューのコメントだったり、ショップでの売買でのコメントだったりと、全員分用意されているのも好きだったりします。初めて見たときは感心しちゃったよ……

 


☆おまけ

 

幻影異聞録#FEが好きすぎるヤツの所感

取っつきにくいイメージがある…と言いつつ、今になってFE覚醒を遊んでみたくなったのには理由があります。私は幻影異聞録#FEがメチャクチャ好きなんですよ…こんな記事を書くぐらいには。

lunarhanzen.hatenablog.com

 

lunarhanzen.hatenablog.com

興味の取っかかりがコラボゲームだったということで、おまけとしてコラボから本編を遊んだ人間としてのちょっとした所感をお送りします。

・すんなりイケる!武器の三すくみと特効
FEには剣は斧に強く、斧は槍に強く、槍は剣に強く…(逆もまた然り)といったように武器に三すくみがあるのですが、#FEにも同じ物が採用されています。なのでこちらに関しては弱点の武器を持つヤツをウッカリ敵にぶつける…といった凡ミスはかなり少なかったです。(無かったわけではないけど…)また、職種によっては特効武器や魔法があるといった事も知っていたので完全なる初見よりは有利に戦えたと思っております。…それでも自軍のペガサスナイトに敵の矢が当たりまくる事に変わりは無いけど…(ダメじゃん)

・コレ本編のヤツだったんだ…
コラボ物には本編のアレコレが小ネタとして入るわけですが、個人的に一番「本編のヤツだったんだ…」と驚いたのはレベルアップ時の『テーロリロリーン♪♪カン!カン!カン!』とステータスが上がる音でした。とても聞き慣れた音だったのでちょっと感動した…これ以外にもいろいろとあったので、進めていく度にいちいちテンションが上がり、なおかつ#FEがちゃんとコラボゲームとして良くできていたんだなぁ〜と感じられて嬉しかったです。

・クロムが面白すぎるんですが…
#FEでは記憶を失っていたクロム。記憶が無くとも基本的な人となりは失われていないだろうから、真面目で頼れて貫禄のあるキャラかな〜と思っていたわけですが…本編を遊んでみれば、王子なのに気さくだわ、壁は壊すわ、しどろもどろになるわ、支援会話で見せる姿の数々は想像以上に面白いキャラでした。それでいて、大事な場面で決める時は格好良く決めるし…彼のことは本編を遊んで更に好きになりましたね。

・マジで貴族だったヴィオール
#FEを遊んでいたときは割と本気で『自称』貴族だと思っていたので、本編ではちゃんと名のある貴族だった事に驚きました。疑ってすまなかった…(ヒドい)謝罪として最後まで前線で活躍させたよ…

嫌な思い出がよみがえる強敵たち
#FEで出てくるボスのミラージュの大半が覚醒でのボスでした。名前見てびっくりしたわ…#FEでのギャンレルやインバースはとても強くて苦戦したので、本編に出てきた時にはマジでビビっておりました。とはいえ、実際はその当人より、どんどんやってくる増援の方がヤバかったけど…

 

 

さらっと語りましたが…今まで最後まで遊びきれなかった、この手のジャンルのゲームを最後まで遊べて嬉しかったです。せっかくFE本編を遊んだからこれをきっかけに他のシリーズやFE無双にも…ふれてみたいですね。カジュアルモードがあるヤツで。

 

 

最後に…我が軍勢最強の男を紹介して終わろうと思います。ついでにスキルや装備から漂う、初心者感をお楽しみください。

クロムを超えた男。勇者2周目。

面白いぐらいに上がるステータスにレベルアップの度に爆笑していた




ガールズモード4 感想

昨年から地道に遊んでいたガールズモード4(以下ガルモ4)をクリアしたので、ちょっとした感想をお送りします。

 


☆どんなゲーム?

~公式サイトはこちら~

www.nintendo.co.jp

 

 

主人公は(親戚の叔父から突然押しつけられた)セレクトショップの店長となり、お客さんの要求に応じてシャツ一枚から全身コーデの提案まで…とにかく服を売りまくり!知名度も品揃えもショボい状態のお店の店長から、イカしたショップの店長を目指す!…のと同時に、スターを目指す三人の女の子たちのオシャレのお手伝いをしていくぞ!
膨大な数のアイテムを組み合わせてイケてるコーデを模索したり、メイクやヘアスタイルを変えたり、なんとネイルまでできる。子供の頃に(紙の)着せ替え人形で遊んでいた遊びを大幅に拡張したような楽しさがあったりします。キッズの頃にコレを遊んでいたら…全身ダサダサ人間は回避できたかもしれないな…(それはない)

 


☆遊んだ後に言いたいこと

○クソダサ店長でもとりあえずなんとかなる!超便利アイテム検索機能!!
服をお求めになる客の要求に合わせる時、ネックとなるのが『大量の在庫から服を探す』なんだけど、このゲームの検索機能が本当に便利だった…『種類』『ブランド』『テイスト』『色』『柄』『値段』の項目でアンド検索ができるのだ!!

客が「ポップなポロシャツが欲しい」と言ってくれば『種類(ポロシャツ)』『テイスト(ポップ)』で絞り込みをかけて、なんか似合いそうで予算に合う服をお出しすることができるぞ!!スゴい!!これにより、クソダサセンスの私でも客の要求に応じて(なおかつ予算ギリギリを狙いつつ)なんとな~くソレっぽい服をお出しする事ができます。楽しい!!

なお、ファッション用語がてんでわからん…となってもゲーム内に辞書があります。助かる…


○できることがメチャあるけど、別に全部やらんでもクリアできるぜ!
お客さんに服を売りつけるメインの遊び以外にも、このゲームはできることがけっこうあります。お店の外装・内装、マネキンの着せかえ、服デザイン、ショッパーのデザイン、自室の模様替え、自分のファッション(ヘアスタイル・メイク・ネイル含む)、写真撮影などなど…
そして、個人的に嬉しかったのはストーリー上必須な場面もあるけど『別にそこまでやらなくてもクリアはできる』ってところです。近年のゲームはチュートリアルや実績システムにより『アレもコレもやってよね!!』となりがちで、フツーにゲームを楽しんでいる身としては、個人的に肩身が狭い気分になりがちなんですが、このゲームに関しては気(持ち)楽(な感じ)に遊べました。

もちろん、こだわりたい人はしっかり設定してトコトンこだわることもできます。自由度が高いってこういうことを言うのかもしれないよね…

 

最終的にやや派手な店長になりました

 


○キラキラしてる人ばっかりだけど別にイラッとこない?個性豊かな来客たち
服を買いに来る理由は人それぞれ。とはいえ、セレクトショップに服を買いに来るぐらいなので、やってくる人々は基本的に陽気な一般の人~って感じです。しかし、各キャラに設定されている短いプロフィール文が妙に味わい深いし、そもそも来店してからのコメントも妙に個性的で印象に残るのであるww気楽に遊んでいても「この人、クール系の服を買いに来る人や…」「この人、無地の服が好きだったよな…」と、なんとな~く覚えてしまうのが面白かったです。

そして、メインのストーリーに関わるキャラはこの来客たちを遙かに越える個性とセリフ回しを引っ提げてきます。面白すぎる。ちょっと爽やかそうに見えるパン屋のロベールが実際話すとトンでもないキャラだったのはズルすぎるわwwツンデレお嬢様だけど強火ファンになったり、勝手にアイドルになってしまう紅緒も好きでした。


○人が集まると街も…
実はガルモ4で個人的にメインのストーリーを進めて「良かったな…」と思ったのは『自分のセレクトショップを起点としてちょっと寂れた街がどんどん賑やかになっていく』といったトコロだったりします。
地方に住んでいるとやっぱり『人が集まらないと街が寂しい』のをなんとな~く感じるんですよ。ガルモ4の舞台の街も、駅とブティックとカフェと公園と芸能プロダクションと服の仕入先…といった最低限の状態から始まるのですが、自分の店の評判を聞いてなんかいろんな人がやってくるし、その人たちが(オシャレをきっかけに)店とか開いていろんな場所が増えていき、最終的には街の一大イベントに協賛したり、見に来てくれて…もちろん、メインどころのやよい・月子・蛍のお話ももちろん良かったのですが、街の様々な人が関わる終盤の展開もとってもステキだと思いました。

 


☆おまけ:最強の顧客 スワン・ブラック

 

コーデ実力はこれにて察してください…

どんなコーデでもこの人が着れば必ず絵になるの、強すぎね!?

 

 


いろいろ書きましたが、とても面白かったです。シリーズとしてはこの4以降、新作が出ていないのですが、Switchのグラフィックでイマドキのファッションを楽しんだり、自信満々とクソダサコーデのスクショをネットに上げまくったりしたいなぁ~と。新作、欲しいなぁ…
それにしても、ゲームではいろんな格好をしてたわけですが、結局私はお手頃価格クソダサコーデしかできないよな…となるゲーム好きであった…(たんすの中を覗きながら)

白き鋼鉄のX2 感想

☆どんなゲーム?
公式サイトはこちら。

 

白き鋼鉄のX(イクス)2│公式サイト

 

(アクションゲームが苦手な人でも遊べる)スタイリッシュな2Dアクションゲームの蒼き雷霆ガンヴォルトのスピンオフ作品である『白き鋼鉄のX』の続編です。スピンオフ作品としてあらゆる意味でタイトル通りの凄まじさを見せつけたイクスから続編が作れるの?…と思っていたのですが、アキュラくんを『異世界に飛ばす』というなかなか極限突破な方法でやってのけました。なるほどね!!

 

 

 

☆遊んだ後のコメント<ネタバレはありません>
○これが…ブリッツダッシュ…?!

f:id:LunarHanZen:20220213233931j:image

今作は近距離攻撃なブレイクシフトと機動力に優れたブリッツシフト…となってるので、前作とはまるで別物の操作感となっております。慣れるまではかなりキツいです。というか、私は後述のヒーリングをゴリ押しして進めたので、もう慣れるどころの問題じゃなかったwwただ、シリーズといえど常に同じ…ってのも確かに面白くないので、変化するのも悪くないなぁ〜とも思ってます。

 

○なんか難しいぞ!!!

f:id:LunarHanZen:20220213233850j:image

アクションゲームが苦手…というか、アクションゲームに対する根性があまりにも無い身としては、ガンヴォルトシリーズの難易度が割とギリギリな面もあったので、今作のステージの仕掛けのアレコレにはひぃひぃ言いながら対処してました。いやぁ〜よくクリアできたな…

 

○いつでも・どこでも・何度でも!に感謝するしか無いRoRoちゃんのヒーリング

『ヒーリング』というスキルがあるんですが、これを使うと即座にアキュラくんのHPが満タンになります。助かる…!!コレが無かったら、クリアまでにめちゃくちゃ時間かかってたし、下手したら詰んでたかもしれない……大胆な救済措置を本当にありがとうございます。

 

○白き鋼鉄のXのボーナストラック的な雰囲気

苛烈な世界観とその胸に秘めし気迫で戦っていたイクスの世界のアキュラくん。その戦いが終わって平穏を経たアキュラくんは異世界では割と穏やかに見えました。まさか彼の口から「争う気はない」というセリフが出るなんて誰が予想できただろうか…??確かにストーリーはややハードな面もありましたが、こう…前作とは何か『違う』雰囲気がするんだよなぁ〜異世界だからかな。

 

 

なんだかんだで楽しく遊びました。ガンヴォルト鎖環、楽しみに待ってるよ!!

トマトアドベンチャー 感想

トマトアドベンチャー 発売20周年

おめでとうございます!!!!!

 

かつてこのゲームを夢中になって遊んでいたキッズは、今や立派なゲーム好きの大人になってしまいました……

 

ツイッター上では、ことあるごとに話題に出すぐらい大好きなゲームなんですが、今年に入って改めて遊び、先日シナリオクリアしたので感想という名の好きなトコロをひたすら語る文章をお送りします。本編の大きなネタバレはありません。
ちなみに、私は今回でオリジナル版から数えて累計5回目のシナリオクリアとなっております。同じゲームでこんなに繰り返し遊んでいるのは、このゲームだけです。

それぐらい好きなわけですよ…

 

 

続きを読む

メガトン級ムサシ 感想

メガトン級ムサシ、ついに発売されましたね!!!!!実はいつものように絶対発売延期するだろう…と思っていたので、発売日に本当に発売した事に驚き、素直に感心しておりました……いや、ゲームの感想を語るためにこの記事を書き始めたのに、毎回こんな事を書かせないでくれよ!!
とりあえず本編クリアまで遊んだので、至極普通な感想を書きます。アニメで放送された内容以上のネタバレはしないつもりです。

 

 

続きを読む

Caligula2(カリギュラ2) 感想

前作カリギュラODを遊んだ後に小説版、アニメ版、エクストリーム帰宅部を経てからの、満を持しての続編に突入です。いやぁ〜〜相変わらずスゴいゲームを遊んだな…そんな風に感慨深い気持ちになりつつ、割とふつうの感想文をお送りします。そんなに大きいネタバレは無いつもりです。

 

 

続きを読む